カウチサーフィン体験談14回目【ネパール人家族の家に泊まる2】

※前回からの続きです。
タクシーの中
やっとこさ、ネパールでのホスト(ラックスマン)に出会えたのでした。
タクシーに乗ってラックスマンの家に向かいます。
タクシーの中では、ラックスマンと会話をしながら、家に向かいました。

ラックスマンの家に到着

ラックスマンの家
30分ほどでラックスマンの家に到着
大きなお家でした。
さっそく、家の中に入れてもらいます。
ラックスマンのお家
家に入ったら、すぐに奥さんが出てきて、オデコに赤い粉(ティカ)を付けてくれました。
どうやら、ネパールでは歓迎の意味があるようです。
日本から持ってきたお菓子お土産を渡します。
マンゴジュースをごちそうになりました。
マンゴジュース ネパール

みんなで記念撮影

ラックスマンの家族
すると、すぐに娘2人も出てきて、自己紹介してくれました。

カウチサーフィンのラックスマンの自己紹介欄には、
「妻も娘2人も、カウチサーフィンでの出会いを楽しんでいる」と書いてありましたが、本当にみんな温かく歓迎してくれて嬉しかったです。

少し、お話をして楽しみます。

個室へ

カウチサーフィンでの個室
カウチサーフィンでの個室
実は、ラックスマンのカウチサーフィンの自己紹介ページでは、家の紹介がほとんど書かれていませんでした。
カウチサーフィンでは、だいたいプライベートルーム(個室)か、シェア(同じ部屋)かを記載しています。
まあ、僕はどっちでも気にしないのですが、今回は個室ということでラッキーでした(*^ω^*)ニコッ
(カウチサーフィンでは、同じベッドに寝るなんてザラにありますよw)
最上階で見晴らしも良かったです。
ラックスマンの家からの眺め

日本人としゃべる

なんと、ラックスマンは建物の2階部分を貸しているらしく、しかも住んでいるのが日本人夫婦でした。
事前にラックスマンが「彼らと話したい?」って聞いてきてたので、僕は「いいね!」と言っていました。
なので、さっそく日本人夫婦の住む2階へと招待されました。
ご夫婦も、温かく僕を迎えてくれました。

彼らもまた、ボランティアのためにネパールに来て、1年ほど住んでいるんだとか、、、。
おすすめの観光スポットなどを教えてもらったりして40分ほどお話しました。
楽しかったです。(*^ω^*)ニコッ

20:00 鍼灸治療

僕は鍼灸師資格を持っています。
外人としゃべる時は、よく「仕事はなに?」という会話をお互いに使います。
僕が鍼灸師というと、驚く外人が多いですが、そのときにすかさず「やってみたい?」と聞くようにしています。
そして、ラックスマンもまた「やってみたい」と言ったので、鍼灸治療をやってあげました。
ラックスマンに鍼治療をした様子
背中の痛みがあるようなので、背中に鍼をしています。
治療後は、「とてもリラックスできた」と喜んでくれました(*^ω^*)ニコッ

その後、晩ごはん

ラックスマンの食事の用意
鍼をしている間に奥さんが、晩ごはんの用意をしてくれていました。
料理は、ネパールの一般的な食事のダルバートです。
ダルバートとは、ご飯に複数の食べ物と豆スープを混ぜながら食べます。
最初は、「口に合わないかもしれないから」と少なめに、盛り付けてくれました。
ネパールのダルバート
でも、美味しかったので、さらに追加していただきました。
娘さん2人は、素手で食べていたので、僕も真似して素手で食べていたら、上手と褒められました。(笑)
日本にいる外人が、おはしを使って褒められるみたいにw

部屋へ

食後は、ラックスマンが「飛行機で疲れてるだろうから、もう休むといいよ」と言ってくれました。
お言葉に甘えて、部屋にいきました。
さらには、ボトルにお水も入れてくれました。
部屋に、トイレもシャワーもあるので快適です。
その日は、そのまま寝ました。

翌朝

朝の6時に目が覚めました。
8時に朝食と、言っていたのでそれまで身支度をします。
まだ時間があるので、トイレや水回りをそうじしておきました。
(´∀`*)ウフフッ

朝食

ネパール 朝食の用意
降りていくと、さっそく朝食の用意をしてくれていました。
朝食はパン惣菜チャイです。
チャイが美味しかったです。
ネパールのチャイは、インドのチャイと少し味が違って、シナモンが利いています。
ネパール カウチサーフィンでの朝食

次女ちゃんと記念撮影

次女は学生のようで、制服に着替えてました。
すごく可愛かったので写真を取らせてもらいましたw
ネパール小学生の制服

ネパール小学生の制服

辺りを散歩

朝食を食べた後は、まだ時間があるので、「ちょっと散歩に行きたい」といって、家の近所を散歩しに行きました。

ネパールの町並み

ネパールの町並み

ネパールの町並み

ネパールの町並み

ネパールの地蔵?

ネパールの地蔵
ネパールには、いろんなところに地蔵じぞうがあり、赤い粉が塗られています。
その赤い粉(ティカ)を自分のオデコにつけて、お祈りをします。
僕もやってみようと思ったのですが、宗教的に問題(トラブル)があってはいけないので、やめておきました。
※海外では日本で当たり前のことが、刑事法に触れたりしますからね。注意が必要です。

日焼け止め・制汗剤を購入

ネパールの日用品売り場
ちょうど、日用品のお店があり入ってみると、日焼け止め・制汗剤がありました。
日本から持ってくるのを忘れて、探していたところだったので購入。
ネパールの日焼け止めと制汗剤

・制汗剤225ルピ-
・日焼け止め250ルピ-
※1ルピー=ほぼ1円

そこのお店の店員に、「向こうにある地蔵でお祈りは、誰がやってもいいの?」と聞いてみたら「大丈夫よ」とのことだったので、帰りにお祈りしておきました(*^ω^*)ニコッ

ラックスマンの家に戻る

ネパール ティカ
ラックスマンの家に戻ったら、また奥さんが赤い粉(ティカ)をつけてくれました。
さっき僕が、「またティカをつけたい」って言ってたからです(笑)
ネパール人にティカをつけてもらう日本人

感想を日記につける

ブッキングコメント
奥さんが」部屋に感想ノートがあるから、書いてくれると嬉しいわ」と言ったので、「もちろん」と答えました。
どうやら、この部屋自体を旅行者に提供しているのかもしれませんね。
ラックスマンはツアー会社をやっているので、、、。
僕も、感想をノートにつけておきました。
ブッキングコメント

11:00 ラックスマンの家を出ました

このネパールでのカウチサーフィン体験は、1泊2日で終了です。
ラックスマンにタクシーを呼んでもらいカトマンズ空港に戻りました。
4人家族の家にカウチサーフィンとして宿泊したのは初めての経験でした。
温かくていいですね。
また、ネパールに来ることがあったら、ぜひよりたいです。

ちなみに、今回ネパールに来たのは、別の目的があったからです。
合計で12日間ネパールに滞在しました。
その時の体験記を読みたい方は、こちらのブログに書いてますので、参考にしてみてください。↓
https://buddha-tree.net/category/lumbini