体験5回目【フィリピン人の家に泊まる】リロ編

さて、2017年4月28日~5月9日まで、フィリピンに英語留学に行きました。
その時の詳細→>>愛の【セブ英語留学】ブログ

旅の後半では、英語留学も終わり、「せっかくセブ島に来たのだからビーチに行きたいな~」と思っていました。
そんな時、カウチサーフィンで知り合った男性が、リロです。

リロについて

・30代男性
・セブ空港の入国審査官のお仕事
・親日家(日本大好き)

5月2日 リロと出会う4日前 

Wi-Fi環境が整ったので、やっと次のカウチサーフィン宅(ホスト)を探すことに。
いろいろと調べた結果、マクタン島のビーチがキレイとのこと。
(マクタン島はセブ島の隣にあり、セブ空港はマクタン島にあります)
帰りも、空港が近いのでマクタン島付近で、ホストを探していました。

すると、ある1人の男性が目にとまります。
それがリロだったのです。
しかし、リロのカウチサーフィン履歴は0でした。(^_^;)

リロにメールを送ってみる。

さっそく、リロにコンタクトを取ってみます。
すると、1時間後くらいにメールがあり、返事はYES
キタ──ヽ(‘∀’)ノ──!!
さらには、後で電話で喋りたいとのこと。

リロと電話

夜22:00過ぎに、リロから電話がありました。
LINEを交換したので、LINEの無料通話で話をします。
英語でしたが、すでに僕はセブ英語留学のおかげで、英語力がアップしています。
8割ほどは理解できました( ^∀^ )

この時の電話の内容は、リロは「僕を選んでくれて嬉しい。僕もちょうどビーチに行きたかった!休みもとれたから一緒にビーチに行こう!」というものでした。
やりました!(´・∀・`)エヘヘ
宿泊を喜んでくれるパターンです。

20分ほど話をして、会う日時を決めて、電話を切ります。

リロのプラン

リロは、かなり綿密なプランを練ってくれていました。
リロは5月6日のAM4:00に、僕のホテルまでタクシーで来てくれます。
そして、そのまま2人でバスと船を乗り継いで、セブ島からさらに離島のビーチに連れってくれるというのです。
さらに、ビーチでも1泊して、戻ってきてからもマクタン島を観光案内してくれるというものでした。
ヤタ───ヽ(・∀・)ノ───!!
ものすごくラッキーです。

5月6日 AM4:00

僕は、ホテルのチェックインを済ませて、玄関で待っていました。
すると、1台のタクシーが停まり、リロが降りてきました。
「ハロ~」( ^∀^ )
とてもフレンドリーです。
簡単に挨拶をしてタクシーに乗り込みます。

タクシーの中では、リロはとても楽しそうに話します。
どうやら、リロ自身もずっとビーチに行きたかったらしいのです。(1年ぶり)
外人は、日本人と違って、とても休暇を大事にします。
リロいわく、「ビーチに行きたかったけど、友達がみんな忙しくてずっと行けなかった。
けど、今回は休みも取れたし、このようなチャンスを得られてとっても嬉しい!」と言ってくれています。(∩´∀`)∩わ~い♪

バス乗り場にて

5分ほどでバス乗り場に到着。
バス乗り場につくと、さっそくリロがバスの席を確保しようと、あちこちのバスの運転手に話をしています。
どうやら、早い者勝ちのようです。
※ここから4時間かけて、船乗り場へと行きます。
バスの中
バスを確保したら、リロは「お腹すいてる?」と聞いてくれました。
僕が空いてるというと、「バスで待ってて」と言い、ドーナツを買ってきてくれました。
少し甘いですが美味しいドーナッツです♪

バスが出発してからも、会話がはずみました。

リロの入国審査官としての話はとてもおもしろいです。

例えば、
・インド人はびっくりだよ、ワキの下からパスポートが出てくるよ。
・怪しい観光者は、誘導尋問にかけるんだよ
日本人は、全員安心だから入国審査が本当に楽だよ。

などなど、まさに鉄板に面白いトークを盛り込んできます。(*^^*)
僕も爆笑してしまいました。
リロはとてもフレンドリーで陽気です。

仮眠をとる

リロも深夜3:00まで仕事をしていたし、僕も眠たいので、ふたりともバスの中で仮眠を取ることにしました。
1時間ほどして、休憩所につきました。
休憩所ではトイレを済ませておきます。

バス休憩所のトイレでは2ペソ(4.6円)が必要です。
リロいわく現状維持のために2ペソが必要なんだとか
バスが出発して、二人ともすぐに寝ました。

8:30 船着き場に到着

ここからさらに、1時間船に乗ってバンタガヤンという離島に向かいます。
船の出発時刻は9:30です。
土曜日ということもあり、大勢の人です。

僕とリロは、朝食を取ることにしました。
リロのおすすめで、チキンとチョリソーとポソ(ご飯)を食べました。

チョリソー&チキン

9:30 船が出発

バンタヤン島行きの船
時間になったので船に乗り込みます。
1時間の船旅ですが、ずっと2人で喋っていました。
リロは、おしゃべり好きだし、僕の英語力上達のかいあって話は尽きませんでした。(笑)

10:30 バンタヤン島 到着!

バンタヤン島
バンタヤン島に到着すると、さっそくトライセクルの呼び込みがあります。
(トライセクルとは、タクシーのようなものです)
トライセクル

ここにきて問題が。

実は、まだ宿が取れていなかったのです。
というのも僕が、リロにメールを送ったのは4日前だから、宿の予約なんてしていません。(^_^;)

リロいわく、「今日は土曜日だし、5月はビーチの真っ盛りなので、ホテルをとるのが難しい」とのことでした。
トライセクルに乗り込み、1時間ほどホテルを探して周ります。

トライセクルに乗ってホテルを探している時の動画↓↓↓↓↓↓↓↓

11:30ホテルゲット!

リロが興奮しながら「ホテルが見つかったよ!」と言ってくれました。
なぜ、興奮していたのかといいますと、幸運にも【キレイ&そこそこ安い】ホテルが見つかったようです。

ホテルの部屋↓↓↓↓↓↓↓↓

バンタヤン島のホテル
ホテルにて
中は、トイレとシャワーがセパレートになっていました。(フィリピンでは少ない)

さっそく、水着に着替えて準備を整えます。
ここで、なんとリロが水中カメラを用意していました。
ワァ─o(´・∀・`)o─ィ♪ 
なんか楽しそう♪
テンションが一気に上がります(笑)

バンタヤン島

バンタヤン島の観光へ

さて、リロが1人のトライセクル(タクシー)をチャーターしていました。
※チャーターとは、貸し切りすること

まずは、ビーチに向かいます。
ここのビーチは超キレイで有料です。200ペソ(460円)

13:00 まずは、洞くつの中へ

バンタヤン島の洞くつ
ビーチの中に、洞くつスポットがあります。
洞くつはそこまで奥深くは続いていませんし、深くもありません。
中にはライトがあり、水はとても透き通っています。
リロと洞くつの中

初めての体験なので、とっても楽しかったです。
リロと一緒に、写真もたくさんとりました(*^^*)

洞くつ内の水中カメラ

ビーチへ


一面にキレイなビーチと風景が続きます。
これぞ、求めていたセブ島の観光です。
バンタヤン島ビーチ

リロ!Good Job!∑d(゚д゚*)
リロに、感謝の言葉をたくさん言いました。
リロも「喜んでくれて嬉しい。僕もビーチにに来れて嬉しい」と言ってくれてます。

バンタヤン島ビーチ
泳いだり、写真を撮ったりして1時間ほどリラックスします。

次のビーチへ

リロと楽しんだビーチ
リロは、僕が観光を楽しめるように、いろいろな場所を見せてくれようと計画してくれていたのでした。
待たせていたトライセクルに乗って、次々と観光スポットを周ります。
写真もたくさん撮ります(。>∀<。)ニコッ

15:30 昼食へ

リロが、トライセクルのおっちゃんに「おすすめのレストランは?」と聞いて、ついた場所がこちらです。
バンタヤン島のレストラン
雰囲気最高&最高でした!!

本場のハロハロ

本場のハロハロ

ハロハロは、フィリピンが本場です。
リロがすすめてくれたので、食べてみました!
美味しかったです(*^^*)

レストランについた時点で、チャーター(タクシーの貸し切り)は終了。
歩いてホテルに戻ります(5分ほど)

17:000 ホテルへ

ホテルに戻り、シャワーを浴びました。
少し、休憩を挟んで、ファミリーバーへ行きます。
※ファミリーバーとは、バーとファミレスが合体したような場所。ありダンスあり、大人も子供も楽しめるような場所。

19:30ファミリーバー到着

バンタヤン島のファミリーバー
またもや、雰囲気GOOD!
南国は、気持ちがいいですね。
フィリピン人は、店員さんもフレンドリーだし、陽気だし見てて楽しい(´∀`*)ウフフッ
さらに、このお店は生バンドがありました。
バンタヤン島の生バンド
∑d(゚∀゚d)ォゥィェ!!
僕は音楽も大好きです(。>∀<。)

ビールを注文

バケツのび~る
さっきの昼食(15:00頃)で、食べすぎたので、食べ物はいりませんでした。
代わりに、ビールを注文、リロがバケツセットのビールを頼んでいます。
∑(・Д・; )ゲッ
まあ、僕もビール好きだし、リロもお酒が好きだったので、全部飲みました(笑)
ビールを飲む二人

とっても楽しいファミリーバー

音楽が流れていると、フィリピン人は、店員であろうとであろうと、いきなり踊ったり、歌ったりします。
さらに、生バンドが「誰か歌いたい人はいるか?」というと、お客が何人か順番に歌っていました。(笑)
これがフィリピンです。(´∀`*)ウフフッ
雰囲気が楽しい中、ビールを飲んでリロとの、会話も楽しみます。

リロと一緒に踊る♪

お店の終盤にて、生バンドのボーカルが、「踊りたいやつは、前に来て踊ろう!」と言いました。
僕は、リロに」一緒に踊ろう♪」と言って、一緒に踊ったのでした。
ボーカルと一緒に歌う
数名のお客さんも前で一緒に踊ります。リロもノリノリで踊ります。(笑)
とっても楽しかったです。
(*^^*)
踊り終えたら、歩いてホテルに戻ります。
リロは「楽しかったよ!」と喜んでいました。

21:30 ホテルにて

汗もかいたのでもう一度シャワーを浴びます。
身支度を済ませて、明日も早いので23:00には寝ることに。
明日のプランは5:30起きです。
というのも、リロいわく「朝のビーチも見ものだよ」とのこと。
(ノ*´Д`)ノオォオォ 
リロ、さすがわかってる~(´∀`*)ウフフッ

ダブルベッドに、2人並んで寝ました。
僕は寒がりなので、扇風機を少し弱めてもらい、長袖・ヒートテックを着て寝ました。(笑)
※気温は日本の8月ほどですが、蒸し蒸しはしていません。
フィリピン人は、寝る時は、【半袖半パン&扇風機つけっぱなし】が基本です。(´・∀・`)

>>続き【体験5-2【フィリピン人の家に泊まる】リロ編2】