体験8回目【インドネシア人を10日間!】後編

前編の続きになります。

7月28日㈮

今日は、早番なので朝8時に家を出ました。
ファザーは、まだ寝ています。
前日の夜に、「明日はどうするの?」と聞いたら、「マコちゃんはバイトだから、家で日本語の勉強をしておく」とのこと。
僕は、ファザーに「食パンを食べてね。」というメモを残して、家を出ました。

14時に帰宅。

家に戻って、さっそく昼ごはんにします。
お昼はインスタントラーメンにしました(^_^;)

警察へ

ファザーが、クレジットカードをなくした件で「警察に行きたい」と言ったので、15時に、僕も一緒に近くの交番に行きました。
おまわりさんに事情を話すと「日本に持ってきたかどうかも、ハッキリしていないのなら、まずは、そこを確認してほしい」と言われました。
ファザーは、お母さんに心配をかけたくないので、まずは日本で落とし物がないか、聞きたかったようでした。
ファザーのお母さんは、夕方にならないと帰らないとのことです。

摂津峡へ

せっかくなので、高槻駅の観光スポット摂津峡せっつきょうへ2人で行きました。
ファザーも、自然やハイキングが好きなので、喜んでくれたようす(^^)
摂津峡の白滝
摂津峡の行者岩

自宅へ

自宅に戻り、すぐにシャワーを浴びました。
その日の晩御飯は、お好み焼きです。
お好み焼き
しかし、ファザーはイスラム教で、豚肉を食べてはいけないので、「肉がないお好み焼きです。」
肉がなくても十分に美味しいです(*^ω^*)

ファザーがお母さんに電話

ファザーは、お母さんに電話をしました。
クレジットカードが、インドネシアの家にないか探してもらうためです。
結果は、ありませんでした。
なので、ファザーは日本で、クレジットカードをなくしたことになります。

7月29日㈯

今日は、ファザーはマコちゃんと遊びに行くとのことで、11時に駅まで送ってあげました。
僕は自宅で仕事をします。
晩御飯も外で食べてくるとのことで、用意はしませんでした。
22:30に、車で高槻駅まで迎えに行きました。

7月30日㈰

昨日は、交番が見つからなかったみたいなので、今日、僕と一緒に再度交番に行きました。
住所がインドネシアなので、僕が落としたことにして、住所・名前等を書いて「紛失物の被害届」を出しました。
(おまわりさんが、そうしたほうがいいと言ったので)

その後、ファザーと一緒に買い物に行きました。
昼ごはんは、手巻き寿司です。
この手巻き寿司ですが、今までカウチサーフィンでの外国人は、なかなか好評でしたが、ファザーは「酸っぱい酸っぱい」と言っていました。
最終的には、酢飯・のり・ツナだけを巻いて食べていました(^_^;)

手巻き寿司
その後、僕は自宅で仕事、ファザーは、自宅で映画(ペット)を見たり、僕の勧めで歩いて図書館に行ってきました。
夕ご飯は、ファザーがナシゴレンを作ってくれました。
ナシゴレンを作るファザー
ナシゴレン
ナシゴレンは、日本の焼き飯みたいです。美味しかったです(*^ω^*)

7月31日

今日は、ファザーはどこにも出かけないとのこと。
僕も自宅で、仕事をしていました。

昼ごはんはそうめんです。

お昼に、そうめんを作ろうと思いましたが、そうめんつゆがありません。
そこで、ファザーにおつかいを頼みました。
その時のラインのやり取りがこちら↓
実際のラインのやり取り
15分位で、無事にファザーがそうめんつゆを買ってきてくれました。
そうめん
食後は、おつかいの時に頼んだ、アイスクリームを2人で食べました(^^)

その後は、ファザーは家で映画を見たり、日本語の勉強をしてました。

晩御飯は、皿うどんです。
なんか、今回は麺類ばっかりなった気がします。(^_^;)
ファザーが、イスラム教のため豚肉が使えないというのも、関係したと思います。

8月1日

この日は、僕は朝からパートの仕事があります。
そのため、ファザーも一緒に、7:45分に荷物をまとめて出てもらい、駅まで送って、そこでお別れしました。

ファザーについて

とても素直な青年だったと思います。
積極的にいろんなことを手伝ってもらいました。
洗濯物・食器の片付け・掃除機かけ・お花の水やりなどなど。(*^ω^*)
うまく行けば、来年の4月に日本に住むと行っていたので、日本に来たらまた教えてね。と言っておきました!

※結局、ファザーのクレジットカードは、警察からは、連絡はありません。
しかし、ファザーはクレジットカードを止めるように電話していました。
「旅行代金は、お母さんに送金してもらい、クレジットカードはまた新しいのを作るから大丈夫よ」と言っていました。^^