カウチサーフィンは、英語を喋れないけどやってもいいの?

地図イメージ

・「カウチサーフィンをやってみたいけど、英語が喋れない、、、」
・「カウチサーフィンで、意思疎通ができなかったらどうするの?」
などなど、英語力について心配されるかもしれませんね。
まず、結論から申し上げます。
英語が喋れなくても、カウチサーフィンをやっても全然OKです!
では、なぜそのように思うのかポイントをいくつか紹介しましょう。

ホストは、常に有利!

カウチサーフィンの利用は大きく2つに別れます。

・あなたが海外に行き、利用する場合(サーファー)
・あなたの家に外人を泊めてあげる場合(ホスト)

この段落では、あなたがホストの場合を前提として話をすすめます。
あなたがホストならば、英語が喋れなくてもまったく問題ありません。
なぜなら、それほどホストというのは、つねに重宝されます。
外人側(サーファー)から見ても、「英語喋れなくても、泊めてくれたら超ありがたい」という感じでやってきます(笑)
ですから、たとえ英語が喋れなくても、相手からは大歓迎されるのです。

事前に、言っておけば理解してくれる!

また、カウチサーフィンは、いきなり予約を取り付けるものではありません。
事前にメールをやり取りして、お互いの事を知ってから、承認します。
つまり、事前に「英語しゃべれないけどいい?」ということを相手に知らせておきましょう。
その上で、相手がOKを出したら快く歓迎してあげましょう。
注意ですが、やり取りは英語でしないといけません。
ただし、メールの段階では、グーグルの翻訳機能を使えば、簡単に翻訳ができます。

我々には、表情&ジェスチャーがある!

「英語が話せなかったら、なんにもできない!!」なんて思っていませんか?
そんなことはまったくありません。
人間には表情・ジェスチャーがあるのです。
例えば、「大丈夫」「それはダメ」これくらいなら、「OK」「NO」を、表情&ジェスチャーを交えながら誰でもできますよね。

日本語を喋れる外人もいる!

カウチサーフィンを利用する外人の中には、日本語が喋れる人がいます。
日本語ペラペラの人もいれば、カタコトで勉強中の人がいます。
ペラペラだったら何の問題もありませんね。
カタコトでも、ほぼほぼ通じます。(^^)

もし、単語に困ったら、相手がスマホの翻訳機能を使ってきます(笑)

さらに、日本語勉強中の外人に、日本語でたくさん話してあげると、とても喜んでくれます。
なぜなら、相手は日本語を話すことが、日本語の勉強に一番良いことを知っているからです。

1泊2日でもOK!

カウチサーフィンは、なにも長い宿泊をする必要はありません。
1泊2日で「はいサヨウナラ~」これでも、ぜんぜん歓迎してくれます。
もちろん、カウチサーフィン内で、そのように設定もできますよ!

外人によっては、南から北に向かっている場合など、長距離を目指している人には、とてもありがたいのです。
1泊2日なら、別に英語が喋れなくても、あっという間に終わりますよ。
いい経験になると思います。

別に、連れ出す必要はまったくない!

カウチサーフィンでは、外人を観光案内してあげなきゃいけないなんて思っていませんか?
その必要はまったくありません。
するか、しないかはあなた次第です。
ただ泊めるだけでも、すごく喜んでくれますよ。

いかがでしょうか?

これらの理由によって、英語が喋れなくてもカウチサーフィンの利用は全然OKです!
「やってみようかな、、、」と思ったらぜひチャレンジすることをおすすめしますよ(^^)
そのうちに、英語に興味をもって、勉強を続けるようになるかもしれません。
その結果、英語が喋れるようになるかもしれません。
もし、そうなったらものすごい得したと思いませんか(´∀`*)ウフフッ
ぜひ、参考にしてくださいね。